ブログトップ

きょうはきのうのあした

yuntata.exblog.jp

音楽会な週末

土曜日は中学の吹奏楽ミニコンサート
日曜日は小学校の音楽発表会だった。

ロッタがファゴットを演奏するのを
間近でじっくり見たのは初めてだった。
夏のコンクールは見に行ったけれど
会場が広くて舞台も離れていたし遠巻きに眺めたという印象。
学校の体育館での演奏、しかも一番前を陣取ったので
様子がよくわかって楽しかった。

やっぱり吹奏楽はクラシックが似合うと思う。
マルマルモリモリとかAKBよりも
コンクールの課題曲や自由曲のほうがずっと趣があって
よかったなー。
ジャズとかもやればいいのに。

地元のオーケストラが参加して2曲やったあと
全員で1曲やって終わり。
総勢100人の演奏は圧巻だった。

---------------------------------------------------------
小学校の音楽会は日曜日の午後。
1年生から6年生まで全部見たけどどの学年もよかった。

小さい子が一生懸命指揮を見て大きな口を開けて歌う姿は
それだけでぐっとくるものがあるし
高学年のひとつひとつの音をていねいに拾って
紡いでいく音楽も感動的。

やっぱり一番前で見てたんだけど
不思議なくらい手を抜いてる子がいない。
小学校高学年ってこんなまじめなものだったっけ?

どの子もきちんと前を向いてちゃんと声を出してる。
当たり前のようでむずかしいことだと思う。

それにしても年をとったのか
一生懸命とかひたむきとか真摯とかってものに
からきし弱くなった気がする。

1年生や2年生が精いっぱいの歌声を聴かせてくれる
そのことに感動してしまったり
6年生のピアノの音のきれいさに涙しそうになったり。
ああもうすっかり涙もろいおばちゃんやん・・・

子どもが純真な存在だなんてのは幻想だとわかっていても
なにかに一生懸命向かってる姿というのは美しいよね。
そういうのに感動してもいいよね。

ニコさんは合奏のときオルガンを弾いてた。
楽器の配置はあらかじめ聞いてなかったんだけど
いざ並んでみたら私が座った場所の真正面だった。
一番前の観客と演奏側の一番前で向かい合ってしまって
かなり照れくさそうだったけど
曲がスタートしたらさっと切り替わって
きちんと指揮を見ながら弾いてた。うむ。えらいぞ。

休日とは思えない早起きで一日動いて疲れたけど
やっぱこれは行く値打ちがあるよなーと思った。
自分の子どもの出番のときしか見ないなんてもったいない。
どの学年もその年齢ならではの素晴らしさがあるし
曲のバリエーションもあってとても楽しい会だった。

まあでもちょっと代休とかほしい気分ではあるのだけどね・・・
[PR]
# by lottanico | 2011-10-31 23:17 | 日々

ひとり酒

d0144513_0245073.jpg
新宿鮫Xを読んでる。
いきなり10作目からという入り方だけど面白い。
早く続きが読みたかったのと仕事が忙しくて頭がぱつぱつだったのとで
赤羽で途中下車。

さいきんよく行くお店はおいしいけどちょっと暗くて本を読むには向かない。
エキナカに新しいバルができたと聞いたのでちょっとのぞいてみた。

カウンタとスツール、テーブルが少しの小さなスペース。
混んでくれば立ち飲みもありかな、という感じ。

エキナカに酒飲めるスペースがあるってなんだか不思議。

ハイボールを飲みながらハードボイルド?を読む。
なんか楽しい。

あてはセロリとエリンギのきんぴら、砂肝とキノコのアヒージョ。
鮫島さんの世界に浸るには1杯じゃちょっと足りないなーと
もう一杯頼んだりして。

More
[PR]
# by lottanico | 2011-10-29 00:38 | 日々

後悔はないか

その場にロッタがいなかったのは
週に1回通っている塾の日だったからだと思う。

片づけたテーブルでニコが宿題をやっていて
私は食後のコーヒーを飲みながら新聞を読んでいた。

ニコがふと目を上げて、突然聞いてきた。

「ママはもし戻れたら子どもの頃に戻りたいって思う?」

わりとすぐに「戻りたくないと思う」と答えたら
ニコは目を丸くして「子どもの頃、嫌だった?」と訊ねてきた。

「うーん、嫌じゃなかった、かな。
いいことばかりじゃなかったけど
子どもの頃は子どもの頃で楽しかった。
でもちゃんと楽しかったからもう一回やらなくてもいい」

そう言ったら
「後悔は、ないの?」
と質問されて、返事に詰まった。

----------------------------------------

失敗したことなんて山のようにある。

あのひとことを言わなければ、あのとき引き返していたら。
あのとき一歩踏み出していたら、あのとき手を離さずにいたら
いろんなことが変わっていたかもしれない、ということが
人生には必ずある。一度や二度じゃない。

失ったものを夢に見て泣きながら目を覚ました夜が、私にもある。
たしかにあった。

では、いま私に
あの頃に戻りたい、と強く願う過去があるだろうか。

やり直せるものならやり直したいと思っているポイントがあるだろうか。

・・・・・考えてみたけれど、思いつくものが何もなかった。

忘れているだけだろうか。

----------------------------------------

いまの生活に100パーセント満足しているか、と聞かれたら
イエスと即答はできない。

足りないことや手に入れたいもの、こうだったらいいのに、
と思うものは探さなくてもいくらでも出てくる。
自分に望むこと、家族に望むこと、周囲に望むこと。
挙げていけばきりがない。

でも、いままでにあったいろんな出来事に思いを巡らせて
失ったものや得られなかったものを思い返してみたけれど
いまの自分と引き換えにしてでも取り戻したいものは
どうしても思いつかなかった。

More
[PR]
# by lottanico | 2011-10-26 23:50 | 日々