ブログトップ

きょうはきのうのあした

yuntata.exblog.jp

<   2009年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

まるで化石かタイムカプセルか

d0144513_17544822.jpg
絶交とか大嫌いとかグループとか
そういう言い方傷つくとか傷つけられたとか

いやあこのトシになって聞くと笑っちゃうのだった。
確か遠い昔に箱に入れて捨てたような。

別に茶化すつもりはないんだけど
本人たちは真剣なんだろうけど
それだけになんかもう。

大人になってほんとうによかった。

小学生だったワタシに言ってあげたいな。
そんな幼稚な感情にまともにつきあうなんて
時間の無駄だよって。
[PR]
by lottanico | 2009-01-30 17:59 | 写真(子ども)

いやあまいりました

d0144513_22543762.jpg
こんなにも話が通じないなんて
まるで宇宙人と話しているみたいだ

って宇宙人と話したことはないけどね
どうしようもなくすれちがう徒労感

いっそ動物園のパンダとのほうが
ずっと分かり合えるかもしれないなんて思ったりして

ははは


いや動物園は苦手なんだけどね
[PR]
by lottanico | 2009-01-29 22:57 | 写真(風景)

金魚カフェ

d0144513_1552566.jpg

仕事のあと、eriちゃんと金魚カフェ。
パーティでは人も多くてじっくり見られないので
あらためて写真を見に行けてよかった。

去年は仕事が早く終わって行けることになって
雨の中辿り着いたられん。さんとto-fuくんがいた。

ハジメマシテの彼らのお友達を紹介してもらって
写真を見せてもらったりして一緒に喋った。
一緒に店を出て、れん。さんと同じ方向だったので
同じ電車に乗って帰った。
何を話したのかは覚えてないのだけど楽しくて
スーツ姿にキャメルのダッフルコートがやたらと記憶に残ってる。

to-fuくんもれん。さんもいないカフェは満員で
写真目当てに来た風ではない人も、なんとなく写真をぐるりと見てたように思う。
れん。さんの撮った七くんの写真が上からべろりとはがれてきててΣ( ̄ロ ̄lll)
私は届かないと思ったのでeriちゃんに直してもらった。
そういえば土日に遊んだみんなも背が高かったなー。
もしあと10センチ身長があったら人生がまったく違ってただろうと思う。

みんなの写真に囲まれて友だちとお喋りするのは楽しかった。
ギャラリーで写真を見るためだけに行くのもいいけど
こんな風にお喋りして食べたり飲んだりする空間に
静かに写真があるというのもいいもんだ。

新宿までおしゃべりしながら歩いたらすぐだった。
途中で道間違えそうになったけど(なぜ
タイムズスクエアが見えたので軌道修正できた。
サザンテラスの有名なドーナツ屋がまだ開いてたので初購入。
レジ前でほかほかのドーナツをハイ、と手渡されてオタオタしたけど
食べたら熱々のうまうまでびっくりした。

eriちゃんと別れて乗った電車の中で
会いたい人にはなるべく会おうと思った。
行きたいところにはなるべく行こうと思った。
お金も時間も環境もいろいろ不自由なとこがあって
思ってすぐさま何かできるわけじゃないけど

だいじなことは先送りにしてはいけない、と
つねづね思っておくことはだいじなのだ。

いつかまた、という日は放っておいたらいつまでも来ない、と
つねづね自覚しておくことはだいじなのだ。
[PR]
by lottanico | 2009-01-28 12:57 | 日々

Happiness Within

d0144513_16361940.jpg
年末、日比谷へ行ったらコンテナを使ったイベントスペースがあった。
写真を展示しているコンテナがあったのでふらりと入ってみた。

The Happiness Withinというタイトルの写真展。
内なるしあわせ、という意味なのかな。

ニューヨークのHIV感染者を撮った写真と
「幸せ」について語る彼ら自身のテキストとで構成されていて
最初は写真、ということで近づいたのだけど、
結局私が引きつけられたのはテキストだった。

写真はビジュアルとしてとても強いのだけど
手書きの文字はまったく別のベクトルで強いと思う。
いろんなことや想いを想像させる力がある。

Happinessについて書かれている文字たちを読んでいるうちに
(もちろん横に翻訳が書いてあるからそっちを主にw)
悲しい気持ちも嬉しい気持ちも妬みも歓びも
すべては自分の心の中の問題なのだ、
と唐突に思った。
だからなんだよ、てのは置いといて。そう思った、という話。

記録のつもりで撮った写真は微妙にぶれてた。笑
のでちいさめにアップ。
[PR]
by lottanico | 2009-01-27 10:00 | 写真(風景)

Over Night Tokyo

d0144513_16265713.jpg

年末年始はジェンガで盛り上がった。
ポジで撮ったけどフィルターなんて使わないから青っぽく写った。
フォトショで暖色フィルターをかけるとノーマルカラーに。
データいじくっていいなら色なんてどうにでもなる。
でも、だったら撮る意味ってなんだろう。
カタチだけ? そんなわけない。

*******************

土曜日、れん。さんto-fuくん七くんの写真展に行ってきた。
ハジメマシテの方も去年お会いした方もいつもの顔も
ごっちゃごっちゃの楽しいパーティ。
例のローストビーフも食べられて大満足だった。

展示は去年とはまた違った趣きでよかった。
誰のがどの写真かわからないくらい
シンクロしてる感じもよかった。
見ながらあれこれ考えるのも楽しかったし。
というか、プリントはやっぱりいいよーう。

赤羽で飲んだときのto-fuくんの写真があったり
あちこちにれん。さんの気配があって
みんなが彼のことを想っていて
でも楽しく笑い合っていて
親密な空気とそれぞれの喪失感を共有してる感じがよかった。
誰もが誰もを思いやってる感じとでも言うのか?

新宿に移動してチェックインしてみんなといったん別れて
そらまめさんとカメラマン西村くんの写真展へ。
ちょうどご本人にも会えてゆっくり話せて嬉しかった。
フォトグラムって自分ではやらないし
まったくそっち方面疎いのだけど、絵のようなアートのような
写真なのに写真じゃない不思議な世界がいつも興味深い。
しかし西村くんと初めて会ったのはずいぶん昔なのだけど
彼はちっとも変わらなくて若くて飄々としているなー。

そのあとはそらまめさんとDUGでお茶。
久しぶりにあれこれたっぷり話して別れて飲み会へ。

飲み会、去年はギチギチで身動きもとれなかった同じ場所で
ゆったりと座って、いろんな話をした。
二次会、カラオケ。
名古屋勢が面白くて笑った。
ラスト1曲、めちゃめちゃ面白くて動画で撮って大笑い。
3時間盛り上がってまだ歌い足りないよ!とか言いながら店出たら
雪が舞ってた。ふわふわと頼りない雪だったけど綺麗だった。

修学旅行か合宿か、みたいな部屋で明け方まで飲んで喋って。
1048さんとヒロシとワタシが4時頃ギブアップしたけど
とことこさん、to-fuくん、七くん、猫田さん、コマチさんは朝まで。
7時就寝8時半起床。すごすぎる。
若いってステキだねえ。素晴らしいよ。

女子部屋、最高面白かった。
コマチさんも猫田さんも、ほとんどハジメマシテなのに、笑う笑う。
こんなに楽しくていいのかな。
ベッドサイズが大中小で身体の大中小に分かれて寝たり
とっちらかったベッドの上とかアノ話とかコノ話とかもうw
みんなして美容マスクして写真撮った。
プリントする人びっくりするだろうなあ。

翌日は朝からスナップしながら駅へ向かって
アルタの下でたたずんだりフィルム買ったり。
みんな巣鴨へ行って撮りまくるというので駅までご一緒してお別れ。
女の子ハグはいいにおいがして嬉しかったー。

帰って家のことしようと思ったけどまったくできずにソファで爆睡。
はあ。遊びすぎて楽しすぎて呆然としてるよ!
そういえばホテルで朝の4時にメガネのつるが折れたのはびっくり。
誰か死んだかと思った

みんないっぱい写真撮ってたなー
ワタシほとんど撮らなかった。
れん。さんにもらったFisheyeで撮った激近コマチさんの仕上がりだけが楽しみ。
みんな撮ったやつくださいね〜

濃すぎる二日間、長くて楽しくて、でもあっという間だった。
夢から覚めてすぐみたいに今日はぽやんとしてます。

一緒に遊んでくれたみんな、ありがとう。
会場でお話できた人もできなかった人も、みんなありがとう。
楽しかったよーん。
[PR]
by lottanico | 2009-01-26 16:36 | 日々

ガチャガチャ

d0144513_16374038.jpg

めったにやらせてあげないガチャガチャ。
スーパーの脇に置いてあったのを子どもと一緒にのぞき込んだら
ワンダーランドが広がってた。

NATURA F1.9
***************

届いた4本のフィルムのうち1本は
ケイ太が社員旅行とか行ったときのだった。
自分で撮ったのは3本。
しかもぱっとしない。
んー まあ仕方ないな。

赤羽会で飲んだ時のカットが入ってた。
数枚しかなかったけど、みんな笑ってた。
あ、一枚具合悪そうな難しい顔した七くんがいたけど。笑
実際には私も含めて泣いた人もいたけど
写真にはただ楽しそうな宴の様子だけが残ってた。

それでいいのだ。ねえ、れん。さん。
写真は笑顔がいちばんだ。

明日はれん。さんとto-fuくんと七くんの写真展。
楽しく過ごせるといいな。
[PR]
by lottanico | 2009-01-23 16:38 | 写真(子ども)

フィルム発送

年末年始、もうちょっと撮るかと思ったのだけど
まったくフィルムが消費されないまま下旬になった。
ずっと置いといても仕方ないので4本だけ山形へ送った。
モノクロ2本、カラーネガ1本、珍しくポジ1本。
何を撮ったかもう忘れてしまいました。苦笑

最近ぜんぜん撮ってない。
NATURA、いつも鞄に入っているけど帰り際に撮って1枚とか。

子どもたちを撮る機会自体が減った。
保育園みたいに送る必要なくなっちゃったし
たまに行っても学校は撮影禁止だし。
寒いし疲れてるから週末もあんまり外出してないし。

でもいいのだ。
撮りたいときに撮れるときに撮るだけでいい。

ただ最近ロッタが幼女から少女になってきて
ちょっとしたときの表情がおお!(意味不明)って思ったりする。
そういうの撮れたらすごくいいんじゃないかなって思うけど
母親が娘のそういう部分を意識して撮るのってなんかへんだしなあ。
というか、ほんとに瞬間的な顔だから撮ろうと思っても撮れない。
あ、って思ったらもういつもの子どもの無邪気な顔になってる。

きっとそういう顔って母親の前ではまず出ないんだろうな。
友だちといるとこ盗撮でもしないと(違

というよりも子どもたちとの接し方とか勉強とか
自分自身とかあれこれ考えること多くて
それどころではない、という感じ。
ロッタもニコもすごい勢いで成長してきてるので
なんとなくなんだけど、今までと同じような
小さい子のおかあさん、みたいなスタンスでは
いけないような気がする。
彼女たちの成長に見合ったつきあい方をしないと、
なんて意識すべきことなのかどうなのか。。。
うまくいえませんが。
態度変えるという意味ではなくてなんだろう
子どもたちはいつまでも3歳とかではないということ。
私だけのラブラブ子猫ちゃん(なんだそれ)ではないということ。

そういう意味で、先に書いた「ちょっとした表情」
これは撮るべきもの、というよりは気がつくべきこと。
気がついたので親として自覚するというか意識するというか。
そういう意味では私もそれなりに子どもたちを見ているのかな。
今は昨日と今日との微妙な変化を見ておくことがいちばんだいじ、という気がする。

てなわけでほんの4本のプリントが到着するのはたぶん金曜日。
ちょっと楽しみ。
てかほんとに何撮ったかぜんぜん忘れてて
お楽しみ袋のような気持ちだ。
[PR]
by lottanico | 2009-01-20 16:31 | 日々

温泉

連休だしのんびりしたい!
でも遠出はめんどくさい!
泊まるのはもっとめんどくさい!
近場でいいから手ぶらで広いお風呂に入ってビール飲んで帰ってきたい!
ということで、近所の天然温泉施設へ。

銭湯やスーパー銭湯にはちょこちょこ行ってるのだけど
ここへ行くのは初めてだった。
以前はもっと入館料が高かったのに、久しぶりに調べたら
半額以下になってた。これなら行ける。

お風呂は何種類かあったけど、どれも湯温がちょうどよかった。
我が家はふだんのお風呂も42度くらい、
子どものいる家にしては高めかしらん。
でも個人的にはもうちょっと熱くてもいいくらい。
やたらぬるめの温泉だとちっとも温まった気がしないので困る。
43度の表示の風呂がいちばん好きだった。
子どもたちはコレはちょっと熱い、と逃げてったので
一人でのんびり入る。しあわせ。

サウナは二種類。
ひとつは塩サウナだった。
塩を自分で擦り込んでマッサージしながら入るもの。
いいんだけど、指がひび割れてて塩がしみてくるのでNG。
普通の遠赤外線サウナに入りました。

子どもたちと別行動でサウナに入っても
もうそんなに心配する必要もなくなったので嬉しいぞ。
とはいえそう長くは入りませんけどね。
でもうちは子どもたちもお風呂好きなので
なんだかんだで出たがるでもなく遊びながら入ってた。

出てビールとか。
ショーとかビンゴ大会とかあってそれなり面白い。
ロッタと二人でフットマッサージ機。気持ちよかった。
一通り食べてまたお風呂に入って
休憩して岩盤浴してシャワーしてタクシーで帰宅。

岩盤浴、作務衣のまま温かい床の上でごろごろしてるだけなんだけど
気持ちよかった。寝てしまいそうだった。
ロッタも気持ちよかったみたいで半分寝てた。笑
ロッタは「お泊まりしたいー」と何度も言ってた。
仮眠室いちおう見てきたけど、よさげだった。
一晩くらいこういうとこで寝てもいいかも。

しかし深夜料金は一人800円くらい追加でかかるのだ。
ちょっともったいない。
まあ自転車でも来れる距離だからまた来ましょう。

岩盤浴があるのに気づくのが遅れたのが残念。
次回来たらもっと長く入ろうっと。

しかし女3人でお風呂入ってるとどうしても長くなってしまう。
ケイ太は一人なのでちょっと待ち時間が多くてかわいそうだったかも。
ビール飲んでのんびり待っててもらえばいいのか。

露天風呂がないのは残念だったけど
コストパフォーマンスもいいし食べ物もまあまあ美味しかった。
朝から夜までいてもまったく問題ないかもしれないなー。
[PR]
by lottanico | 2009-01-13 16:32 | 日々

明日から三学期

禁煙1週間。エライ>私
もう大丈夫な気がします。
やめてみると別に辛くも苦しくもない。
出だしに2回ほど「あ〜 今吸ったら美味しいだろうなー!!!」
と思うタイミングがあったけど、それを越えたらもう大丈夫だった。
なんだ。どってことないな。

というか、このあっけない終焉でいいのだろうか。
つきあってた彼と別れて悲しくない自分、みたいな。。。
ほんとは彼のこと、そんなに好きでも必要でもなかったのでは、
なんて思いますよね、そういうときって。
ちょっとそんな気分だ。苦笑

さて、子どもたちの冬休みも今日で終了。
明日は始業式だ。
弁当作りもあと2回! 頑張れ>自分

明日からは通常通り早く出てってくれるので嬉しい。
(冬休みは学童へ連れて行かなくてはいけないのだ。
しかも学童は8時半オープン。遅刻するつーの)

今朝ニコが
「最後の日だからおうちでゴロゴロしたいの」
と言ってたけど当然無視。
ロッタの宿題が終わってればそれもアリだったけど
残念ながら終わってなかったのでニコには学童へ行ってもらった。

でもまあなんとか昼ごろ終わったよーと連絡あったのでホッ。

相変わらず宿題を進めるのが遅いロッタ。
なぜ1ページのドリルに1時間とかかかるのか。
計算が遅いわけではない、書き写すのがバカていねいで時間かかるのだ。
見てるとあまりのゆっくりさにこっちがイライラしてしまう。
一日何時間も机に向かってるのに終わらないなんて。。。

ちゃちゃっと終わらせて遊べばいいのになあ。
きちんと書けてる字に見えるのに気に入らなくて消して
書き直す、その気持ちが理解できない。。。

でもまあそんなのもとりあえず終わりだ。
明日は始業式だから宿題もないだろうしね!
[PR]
by lottanico | 2009-01-07 16:26 | 日々

テクニック

ちょっとした写真の加工テクニック。

「夜景の写真をもっと明るく輝かせたい」
MdNの付録を読んでて試したら簡単だった。

●背景レイヤーを複製
●前面のレイヤーを[描画モード:覆い焼き(リニア)]
に変更すると輝きが増す。
●輝き調整したいときは[不透明度]を調整


夜景のちょうどいい写真がなかったので
イルミネーション写真の失敗したやつで試す。
d0144513_1649163.jpg
テスト前
d0144513_16143696.jpg
テスト後

おおお、輝いた。
ちょっと明るすぎか。まあテストだしこれでいいか。
効果はよくわかりますねえ。

もちろん写真そのものを輝くように撮るのが正しいのだけど
ネガはプリントするときに焼き調整はするものだし
まあこういうのも手法として知ってて損はないよね。

去年のニコのバースデイケーキも輝かせてみた。
d0144513_16153481.jpg
元画像をとっておくの忘れたので輝いてる写真のみです(意味ない)。
[PR]
by lottanico | 2009-01-06 16:16 | 写真(風景)