ブログトップ

きょうはきのうのあした

yuntata.exblog.jp

カテゴリ:未分類( 2 )

140cmとランドセルと修了式

ロッタの洋服サイズはいま140cm。
ニコの卒園式には赤のカーディガンと白シャツ、紺のベルベットのスカート
というカジュアルながらもよそいき着、というので参加させたのだけど
このところの陽気を考えると入学式まで同じ服装は無理っぽい。

たぶん来年度中に私の父親の13回忌もあるだろうなあ。
不祝儀はいつ来るかわからない上
高学年となればそういうときにあまりいいかげんな格好もさせられない。
ちょっとしたジャケットは買っておいたほうがいいかも?
ということで今さらではあるけれど、買ってみました。

きちんと買うのは卒業時で十分なので、今回は値段重視で●ッセン。
ジャケット+ブラウス+スカート+ネクタイで7,000円弱は安いよ奥さん!
ちゃちいかもなーと思いつつ注文したのだけど、届いてみたら悪くない。
とりあえずもっとけ、レベルなら何の問題もありません。

昨日は義母がお迎えだったので電話して丈など見てもらったのだけど
140cm、ぴったりだった。
まだすこし大きいかと思ってたのにスカートもジャスト。
シャツの襟ぐりは大きめだったけど袖丈着丈は全く問題なし。

「ちょっと大きめだけど140を買う」→「ジャストサイズが140」
にいつのまに変わったんだろう。びっくり。成長早いよ。
そういえばスニーカーも21cmだったり22cmだったり。
私、150cmの22.5cmなんですけど?

服を共有できる日は近いかも……。
ある日突然私の服装が若くなったら
「ロッタの背丈が追いついたんだな」と思ってください……。

ニコにはななめがけのショルダーバックを購入。
思ってたより小ぶりだったけど本人大満足なので、ま、いいか。

昨日はニコのランドセルも到着して家の中が段ボールだらけ。
突然届いた贈り物に子どもたちは大興奮。
(ロッタにスーツ購入のことを言ってなかった)

私が帰ったのは23時過ぎだったのだけど
ロッタは風呂上がりの濡れた髪のままスーツに着替えてポーズとってくれるし
ニコはパジャマのままランドセルを担いで見せびらかすし
見て見て攻撃でにぎやかな夜中でした。

いよいよ4月が目前。新生活にドキドキわくわくです。

そういえばロッタの通信簿はオール3だった(3段階評価)。
ニコニコ顔で見せてくれた。うむうむよかったね。
勉強に苦手意識を持たずに進級できればとりあえず安心だ。
生活面もオールA(ABC評価)だったのでよかったよかった。
私はこっちのほうが嬉しいかな。いやどっちもありがたいのだけど。

でも「オール」ときたら「5」だよねえ。
3段階評価だから3が最高値なんだけど、それはわかるのだけど
どうも「オール3」は響きが賢くなさそうでいけません……。
[PR]
by lottanico | 2008-03-27 16:00

微妙な気持ち

いつまで続くんだ卒園式ネタ。苦笑
でもまだいろいろあるのですよ。おつきあいください。

卒園式での子どもたちの撮影データをCDに焼く、という仕事がある。
ビデオは業者発注したのでマスプリまでやってくれるのだけど
撮影は幹事の知り合いのカメラ好きのおっちゃんに頼んだので
マスタデータだけもらってマスプリは父母でやらなくてはいけない。

●データの焼き込み
●CDのラベルデザイン→プリント

という仕事が卒園式の後に残る作業。
私は式後の飲み会で幹事からラベルデザインとプリントを頼まれた。
んー まあロッタのときもやったのでいいよ、と答えたのだけど
やり始めて気がついた。

ちょっと待て、インク代は自腹ですかー?

30枚分もラベルプリントをカラーで出すとテストも含めて
けっこうインクを使うんだけど……。

おそるおそる聞いてみるとCDラベルのプリントは後から思いついたもので
インク代の予算は残ってないらしい。
でもあるママがCANONプリンタ用のインクなら……(入手ルートがあるらしい)
と言ってくれたのだけど、うちはEPSONなんだよね。

EPSONの付属ソフトで作り始めてから幹事とメール。
でもやっぱりインク代は出なさそう。
うーん パッケージ買うと6,000円くらいするんだけど。
でもみんな自腹でいろいろ頑張ってるのかなーと思いつつ
デザイン案をメールしたりしていたら
けっこう幹事の要望があれこれ入ってきて
要するに「もっと●◎なのがいいかなー」とか
「ケースに入れるジャケットも作りたいなー」とか……。

Unpaid Workでも経費かかるんですけどー?

悪気はないのはわかるし最後だから協力したい。
でもなー 30人分のラベルプリントとジャケットプリント、
切って折ってするの???
インク代くらい出してほしいなー……。

イヤな感じにならないように「みんなどうしてるの?」
的なメールをしてみてあれこれ話し合った結果、
CANONプリンタを持ってるママたちが手分けして出力して
私はデザインだけでいいことになった。
が、そのかわり、CANONプリンタ用のソフトで作り直し……。

以前CANON使ってたのでソフトは持っていたので再インストール。
データ移植はできないので画面を2つ開いて見ながら同じように作る。

まあそんな複雑なレイアウトじゃないのでいいのだけどね……。

しかし私がインクのこと言わなかったら
そのまま自腹でプリントすることになったんだろうなー。
自腹を他の人に押し付けたわけじゃなくて
CANONはなぜか調達できるみたいだから
まあこれはお互いのためにいいのだろうと思うけど
どうも進め方がいまいち納得いかない。

労力を提供するのと必要な材料を買ってくるのとはまた別だと
私は思うんだよね。
紙とかインクとか、一見どの家にもありそうなものでも
大量に使えばお金がかかるわけで。

でもお金のことは言い出しづらい。
幹事はその辺を依頼する時点で先回りして言ってくれると
作業する人はとても気楽にできるんだけどなあ。

ということでまだデザイン作業は残っているんだけど
6,000円も自腹きらなくて済んだのでよかった。
でもすこし割り切れない微妙な気持ちなのでした。

これはお友達に写真をあげるために紙とインクを買って
ジコジコプリントして、というのとは全然違う話だ。
それは私が好きでやってることだからお金はいいのです。
でもみんなからお金集めて仕切ってる仕事のお手伝いは
経費くらいほしいなって思う。

ケチかなあ。でも私はそう思うんだよね……。
d0144513_16282471.jpg
先生たちの手作りのコサージュ。
Eoskiss5
[PR]
by lottanico | 2008-03-19 16:28